2009年06月26日

『I COME WITH THE RAIN』

公開されてすぐに
観にいきました。^^

書きかけたまま
何週間も経ってしまいましたが・・・


感想を書くのがココしかないので
自分の覚え書きとして
という意味でも
書き残したいと思います。


まず
ス・ドンポ=イ・ビョンホン
の感想。 ^^




良くも悪くも
無駄がない。(笑

あいかわらず
求められるものを
キッチリ演じているなあ。という。^^

何をどう演じれば
どんな映像効果が得られるか
わかってる・・・って感じがする。

ソツがない。てーの?

あの演技は
いかにもイ・ビョンホン。

やっぱこの人
好きだわああああ。と
しみじみ思いながら見てました。(笑

↑コレは、各ワイドショーなどで
見ても同じ。

「あーーーーーっ。やっぱ
この人、ほんっとにカッコイイよね!」と
TV前で叫んでいる母親を
高校生になった息子が
覚めた目で見てました。^^




ス・ドンポ。
冷酷非道なんだけど
なんて細いんだろうあの人は。

細い細い絹糸みたいな
ピンと張りつめすぎてて
切れてしまいそうな。

シタオとのシーンで
切れちゃったのね。(苦笑


言葉の少ない分

手の動きだとか
首の動かし方だとか

そういう小さな動きだけで
心情の動きを表すのがあいかわらず巧い。

「不安」だとか
「焦り」だとか
「戸惑い」だとか
「恐怖」だとか


ただ・・・・・
わたしは
ドンポが「甘い人生」のソヌの後・・・みたいに
見えちゃったけど。

ソヌが裏社会で生き続けていたら
ああなってたかな。
みたいな。


それを感じたのは
シタオの手を取った瞬間の
ドンポ。

あの横顔を見た時

「あ。ソヌ・・・・・・」と
思ってしまったのでした。



それと

「どんな役柄をやっても
Kissだけはいつも
『イ・ビョンホン』そのもの」

ってのが健在だったことが
なんだか嬉しかったデス。(笑

   ↑ そこかい。^^;;;;;;



posted by どーなつ at 23:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どーなつちゃん、おはです。

ココでの感想を待っていたので見つけた瞬間嬉しかったです。
ありがとう。

久しぶりのスクリーンでのデート楽しまれたのね。
ドンポの役は彼の得意分野
やっぱり役者の彼は魅力に溢れたね。
キスも彼らしかった?・笑

観る人に委ねた作品
監督が言ってたんだけど・・・
五感を感じたどーなつちゃんが羨ましい
事前情報を仕入れすぎて素直に作品に入れなかった部分があったかなぁ。

多くの人がシタオの元に痛みを取り除いてもらおうと来るのは
現代社会を表現しているのかな?
空しかったね。

ドンポの切れそうな細さ
とっても痛いものがあった

シタオとのやり取りは
ドンポのココロの声なのかもね
隠されたココロの痛みと恐怖をドンポはあの瞬間知ってしまった

シタオの居場所をクラインに告げた後のドンポの頭を抱えるシーンが印象的だった。

ドンポの痛みはまだ続くのかな
でもリリの癒しが彼を支えてくれる

やっぱりドンポしか観てない私でした。・苦笑



Posted by ブラウン at 2009年06月28日 05:46
* ブラちゃん

ココへのコメントも
「ブラちゃん」って呼び方も・・・
なんだか新鮮だ〜。(笑

最近、こういう役が多いからかねー。
頼りなげな彼も好きなんだけど。^^
キスは、笑った。←笑うところ?
だって、キスだけはどんな役やってもおんなじなんだもん。

セリフが少ないからかなあ。
場所のシチュエーションとか小道具とか
そういうものに目がとまりやすいんだよね。
そういう視界に入ってきたものから
実際に臭わないんだけど臭う気がしたり
「味」がする気がしたり
「痛み」が感じられたり・・・

チカラの強さと
ココロの強さとは違うってことを
しみじみ表現していたよね。
ああいう「ココロの痛み」を表現するのが巧いんだ。ビョンホンさん。

ドンポは・・・
あのままだと、癒されないと思う。
リリの癒しも、空しくなるだけだよね。
与えられているうちは、自分の存在感って掴めない気がするの。
リリを自分が求めているだけの間は、
それを失う恐怖からも逃れられないし・・・。

・・・・・わたしもドンポのことしか
考えてないわね〜。^^;

感想話に付き合ってくれてありがとー。
Posted by どーなつ at 2009年06月29日 17:37
あはは、間違えて?いや過去の習性かな?
ここをポチしちゃったら、新しいコメントがあって正直びっくりですよーーー。

どーなつさん、ありがとう。
久々、ど様のBH映画感想を聞くっつう
この夜更けの時間・・・・うふふ、イイす。

ブラウンさん!
お久し振りです〜お元気そうですね★

観てないのに、皆さんの感想聞いて想像するのが、結構楽しくて仕方ない。変?(笑
この監督の過去の作品と、この雨は、
随分違うらしいねん。

昔は宗教感なんか引っ張りださないで、シクロでは「生きる」壮絶さと愛らしさをじっと見つめてた。そこがすごく好きだったけどな。
宗教をからめると「遠くなる」気がするんだがなぁ・・・・
実は、BHさんはシタオをやるべきお方だと思うんだけど、本質的にはねぇ(^^;

kissは「同じ」なの?よし(偉そうに。爆


>ほら。
わたしが恋焦がれたひとの
奥様もそう言ってた。

「自分で引き受ける」
あの言葉を聞いた時
胸が震えたなあ。

↑一瞬、だれだれ??ですた。
うん、いい台詞だったね〜

痛みの解釈は人それぞれで本当難しいけど、
自分で相手のそれを全部引き受けられない。
引き受けるべきじゃない。と思う。
分け合うことしかできない気がするよね。
Posted by 石 at 2009年07月07日 02:12
* 石ちゃん

ひゃ〜〜〜。
これまた懐かしい長文コメ。(笑

BH映画の感想て
ココしか書くとこないからねえ。^^;

>宗教をからめると「遠くなる」気がするんだがなぁ・・・・

ふぉ〜〜〜。。。
わたしは他作品を観てないので、比較しようがないですが
なんかそのニュアンス頷ける気がする〜。

さらに

>BHさんはシタオをやるべきお方だと思うんだけど、本質的にはねぇ(^^;

とは!!!!!
相当痛そう・・・・。
カラダの痛みではなくて。

>引き受けるべきじゃない。と思う。
分け合うことしかできない気がするよね。

まことに同感です。
共に感じることはできてもね。。。

深夜に(笑)お付き合いをありがとうございました。
Posted by どーなつ at 2009年07月08日 01:43
どーなつさん、ブラウンちゃん、石さん、こんばんは。
。。。って、一月以上も経ってるから、どーなつさんはまだしも、ブラウンちゃんと石さんは気づかないよね〜^^;

どーなつここに有りって、レビューを読ませて頂いて嬉しかったです。
感想は全部が全部同じと言うわけではないのですが、こういう語り口切り口が良いんだよね。
ここに、こうして書き留めておいてくれて、ありがとう。
やっぱり、ビョンホンブログはこうでなくちゃ^^

でも、既に頭の中がG.I.Joeバージョンになってるから、自分がこの映画を観て何を感じてたのか、復習しに自分ちに戻って、出直してきました^^

私は、ドンポの中にミンチョルを見たわ。
あの、舞い戻ったリリを迎えるときの逡巡する後ろ姿に。
あの細かな演技がたまらないよ〜。

キスシーンはね。
私も夏物語の時に、あまりに同じキスでぶったまげたのだけど、今思うと、あれ、お約束なんでしょうね。
今では、そのお約束に裸も入っちゃったけど。
そう言えば、今更だけど、あのRAV4のCMのシャワーシーンもビョンホンシの発案だったのかしら(笑い)

最近、こうも思ってる。
ビョンホンシが監督に色々言うと、焦点がぼやけるから、あまり良くないことに感じてたけど、やっぱりそれは、必要な事じゃないかなって。
リアルな世界は混沌としていて、思うようには事は運ばないものだから、監督を惑わせば惑わすほど、リアリティーが出るのかなって。

スレずれになって、ごめんなさい。
ここに来ると自分の家でも書かないことを書くのは何故だろう?
では、またお会いしましょう。
Posted by lee_milky at 2009年08月12日 00:50
* lee milkyさん

こんな辺鄙な所に(笑)どうもいらっしゃいませ〜。
コメントもありがとうございます。

わたしらしい?んでしょうか?
でもmilkyさんの語り口も圧巻ですけどねー。^^

>ドンポの中にミンチョルを見たわ。

あーわたしも、あの後姿とウロウロ歩き回る姿には
ミンチョル〜〜〜って思いました。
まったく不器用な人だよ。この男は。。。みたいな。(苦笑

「裸」っていやあ、ここのところの彼の身体はカンペキ!ですが
ミンチョルの頃の「あ〜・・・ちょっとお肉が・・・」ってゆーのも
キライじゃないどーなつです。*^^*

ビョンホンさんが監督に突き詰めるのは
彼のスタイルなのでいいんじゃないかなーと思ってます。
もちろんそうじゃない俳優さんもいるわけで。
監督によっては「思わぬ方向に・・・」という場合もあるのかもれませんが
それは「人と人」が創る作品なので、いかようにも「動く」ものなのかと・・・。
人間同士の付き合いもそうですしね。

とにもかくにも
常に進化し続ける人であります。
ビョンホンさん。
わたしは、一歩引いたところで見てるんですが
いつ見てもいい男だし、見習うところがあるし
刺激的だし・・・。
わたしの永遠の憧れの人です。^^

・・・・・わたしも書くつもりのないことまで
書いちゃったわ・・・・・。

Posted by どーなつ at 2009年08月23日 20:23
ありゃ、盛り上がってたんですね。^^
どーなつさんも見たのね、私はまだなんだけど…
も〜すっかり見た気分です。笑

Posted by misa at 2009年08月27日 10:55
* misaさん

お返事するきっかけを失ってて
お返事できずにいました。><
ごめんなさい。

結局映画、ご覧になったのかなあああ。(笑
Posted by どーなつ at 2010年04月02日 08:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121506319

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。