2006年06月21日

「夏至」

 「夏至」

    二十四節期の一つ。
    「夏至」は有名ですねえ。
    太陽が北回帰線上の真上に来るため、
    北半球で昼間の時間が最も長く、夜が短くなる日。
    12月22日頃の冬至から少しずつ長くなっていた昼の時間が、
    この日を境にまた少しずつ短くなっていきます。

    毎年6月21日頃



「冬至」の頃って
まだ 激寒い頃ですが
「この日を境に、日が長くなる」と思うと
春・夏に向かって、季節が動いているのを感じ

この「夏至」を過ぎると
既に、季節が秋・冬への準備を始めているように感じます。

実際はこれからが
「夏本番」に向かうのにね。。。


///////////////////



ウチのダンナが
社員旅行で
「北欧」へ行ってきした。

日本よりぐんと緯度の高い北欧。
日が差す時間もわずかで暗く長い冬を過ごした後にやってくる夏は、
北欧の人々にとっては1年で一番うれしいシーズン。

なので北欧にも、さまざまな「夏至祭り」ってのが
あるんですって。

フィンランドでは人々は都会を離れ、
田舎のサマーコテージなどでかがり火を焚きながら、
盛大にお祝いをするのだそう。

スウェーデンの夏至祭も華やかで、
民族衣装をまとった男女が
白樺の樹を囲みながらフォークダンスを踊り、
夏の訪れを喜ぶ。
んだってさ〜〜〜。


で。お土産の写真。(クリックで大きくなるよ)

コピー 〜 お父さん会ミ旅行 005.jpg
世界遺産のブリッケン地区
街中が絵本か玩具の世界みたいね〜。


お父さん会ミ旅行 021.jpg
ウスペンスキ寺院
(ダンナがこんなアングルの写真を撮ってくるのは意外
いつもフツーの風景しか撮らないし。^^)



・・・・・・実は
北欧「スウェーデン」は
どーなつがいつかは行ってみたいと夢見ている国。

それを
「行くの、めんどくせ〜」と言ってるような人間(←ダンナ?)が
何故、簡単に行くかな〜と思ったりしますが。^^;


北欧は「ノーマライゼーション」
(障害者と健常者とは、お互いが特別に区別されることなく、
社会生活を共にするのが正常なことであり、
本来の望ましい姿であるとする考え方)
発祥の地。
「福祉先進国」だからね〜。


「福祉」「福祉」と騒がないでも
自然に、人の中に「根付いている」感じがいい。
「トクベツなことではない」んだよね
「あたりまえ」のことなので。


「共同決定」

集団や対人関係の中で物事を決めて行く場合、
ある特定の人やグループが独断的に決定をするのではなく、
すべての人がそれぞれ決議に参画して、合意の上での決定をする事。


「相互関与」

すでに使われていた「共同決定」という言葉から派生した言葉で
人は、互いに影響を与えたり影響を受けたりする存在であり、
それは、誰もが「お互いに関与し合っている」という事を意味する。
しかし、一方の人が片方を無視したり、無関心であれば,
相互に関与するという関係は成り立たない。


「障害の認知」

自分が障害をもつことを認知すると同時に、
自分のハンディキャップに対しての認識を持ち、
自分が必要とする援助を認識するようになる



・・・・・・・というような・・・。


そして「音楽療法」も、盛んな国なのです。


どーなつが「音楽療法」に足を踏み入れたきっかけも
この「スウェーデン」の理念を持っている先生との出会いだったし。

私がぴょんを育てていく上でも
「礎」とするモノは多いのです。


・・・・・・二十四節期のハナシから
大幅にズレそうなので
このハナシはまたの機会に・・・・・。(覚えてたら)




posted by どーなつ at 09:23| Comment(12) | TrackBack(1) | 二十四節気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絵葉書のような町並みですね。
一度は行ってみたいです。

スエーデンから帰ってきた人の土産話。

トイレなんですが、
水を流す時、場所場所で、位置がちがうでしょう。流し方も。

視聴覚障害を持ってらっしゃる方は、本当にこまるんです。一緒に入ってもらう場所でもないし。

スエーデンでは、どこでも同じ場所にあるそうです。
Posted by マーくん at 2006年06月21日 13:01
* マーくん

>スエーデンでは、どこでも同じ場所にあるそうです。


流石〜。
「水を流す場所」眼が見えても、「え?どこ?」ってことありますもんね。

そういうコトが
ちゃんと行き届いているのが素晴らしいです。
「当事者」の声がちゃんと届いているってことよね。
Posted by どーなつ at 2006年06月21日 16:37
どーなつさん、こんばんは〜

数日前駅で。混雑したホームに白杖の青年が、あ、人混みに飲まれそう・・
と思ったら、女の子がすっと寄って腕を取り一緒にエスカレータを降りていきました。
あまりにも自然だったのでお連れか、と思うほどだったけど、
その彼女たしか私の前に座って携帯いじってたオネイチャン。
紫のTシャツが印象的だったので覚えてました。
電車を降りた瞬間に彼に気づいたんだと思います。そのあまりにも自然な行動にぼーぜん。
私はあー と思っただけで声を掛けることもしなかった。掛け方がわからない。

環境や経験と同時に知識や感情がとっさの行動を左右するでしょ。
わたし、こうしてどーなつさんのブログを読むだけでも
自分の世界が少し広がっていくことがありがたいと思うの。
ここは文字だけだけど、どーなつさんのいつも抱いているポジティブなキモチが
わたしの潜在意識にさらさらと沁みてくる。
だからすぐに声を掛けられるわけじゃないけれど。きっとわたしでも役に立つこといつかあるかも。
そして泣いてばかりじゃなくて自分のことも好きになれるかも。あーこれはよけいな一言ですね^^

ところでつくづく↓メグKさんと似てますわ、ふふ。
私もずっと前にmariruさんのMV見たことあって、ここでお名前みかけて飛んでいったことから
HNの改名になったわけで。
どーなつさんが取り持つ縁ですね〜^^ 

蒸し暑い中 涼しげな北欧のおとぎ話のような写真、ありがとうございます(ダンナさまにもありがとう・・)
Posted by ぶどう at 2006年06月21日 20:30
こんにちは

日本が福祉国家になる日は来るのかな・・。
弱者切捨てな方向に動いているのが気になる最近。
官僚も政治家も自分たちの襟を正す前に増税やむなしって・・。
なんか、おかしいんだもんなあ・・・・。

北欧の福祉の精神はどうやって培われたのだろう。
とても素晴らしいことだわ。

「ノーマライゼーション」

もっともっと浸透させてね。
これからも、ここでも紹介してね。

夏至の北欧、賑やかそうでいいね。
だんな様の写真を見て、ますます行ってみたくなったです☆
Posted by kokoro at 2006年06月22日 15:51
* ぶどうさん

>あー と思っただけで声を掛けることもしなかった。掛け方がわからない。

どーなつもそうでした。
なんだか「触れてはいけない」気がして。。。
今でも、自閉症の青年が、机の上でジャンプしてたりすると、
ど〜〜〜しよ〜〜って思う。(苦笑)

生活の中で、身近にハンディを持つ人がいるいない。でも違うのでしょうね。
街で見かけた「目の不自由な方」を知らなくても
別の場所で「目の不自由な友だち」がいたら、すごく身近に感じられるだろうし
直接知らなくても、近所で見かけたことがあれば
全く知らないよりも、意識が違うだろうし・・・。

ぴょんが普通学校の普通学級で過ごしていることも
そういう「知的障害者」への免疫をつける。みたいな役割があるんじゃないかと思うんです。
だってね〜。ぴょんがよだれとか出してても、「あ〜〜。ぴょんちゃってば〜。よだれ拭かなきゃ!」
とか言って、拭いてくれたりするんだよね。。。
「慣れ」って、そんなもん。(笑)

ぶどうさんにはぶどうさんの、どーなつの知らない世界があるのでしょうね。
たまたま私がブログをやってるから、一方的に発信するだけだけど。。。
また、どーなつにも「新しい風」をくださいね。

・・・・・知ってる?
どーなつは「自分で自分のことsuki」じゃないのよ〜〜〜。
きっと「すべてsuki」で満足できたら、それ以上の向上はないのかも。。。
ぶどうさん。今は泣いてないデスカ?
Posted by どーなつ at 2006年06月22日 23:10
* kokoroちゃん

>日本が福祉国家になる日は来るのかな・・。

いろんな面で「頭固い」からな〜。。。(苦笑)
「制度」とか「枠組み」とか、カタチはキレイに作るんだけど、中身が詰まってないっていうのか・・・。
何にしても、結局は「人間」と「心」なんだよね。

>北欧の福祉の精神はどうやって培われたのだろう

日本人の価値観が「衣・食・住」なのに対して
北欧は「住む・働く・余暇」なんだそうです。
そういうお国柄とか、意識の違いも大きいのでしょうね。。。

>だんな様の写真を見て、ますます行ってみたくなったです☆

でしょー。どーなつも行きたい!
Posted by どーなつ at 2006年06月22日 23:13
おはよう!

今から冬の準備に入るとは・・・
一年ってあっという間だよね。(苦笑

北欧のインテリアがsuki
特に椅子なんかキレイなデザインが多いのよ。
本を見てるだけでウキウキするの。
値段が高くて買えないんだけど(笑
後ね、照明
夜が長いから明かりをとても大切にするの。
白熱灯のぬくもりがsuki
オレンジ色のぼんやりとした光に包まれると安心するの。

いつか行ってみたいよね。
どちゃんの記事と関係ない話でごめんね。



Posted by ブラウン at 2006年06月23日 06:07
どーなつ様

こんにちは、お久しぶりです。(覚えてる?)
ご無沙汰していて、申し訳ない。

とてもいいお話ですね。
そう、こういうことは、なにも肩肘張って・・・ではなく、自然に・・・がいい。
そうなれることが理想ですよね。
ま、これに限らず、なにごとも、なんですが。

ところで、知らなかったんっですが、どーなつ様もMVつくられるんですか?
で、パソだめになった?
実は私も・・・でして。
結局、新しいパソ買いました。
でも、見てみたかったな、どーなつ様のMV・・・。
Posted by yumiko at 2006年06月23日 10:59
* ブラウンちゃん

「北欧のインテリア」に注目。ブラウンちゃんらしいね〜。
↑詳しく知らないけど、どーなつは「ロッタちゃん」(ロッタ・ヤンスドッタ)がsukiよ〜。
彼女もスウェーデン出身だったと思う。

>夜が長いから明かりをとても大切にするの。

なるほど〜〜〜。
どーなつは「暗い」のが苦手で、煌々と電気をつけてしまうのですが
最近、「白熱灯」の灯りの下で。ってのもいいな〜って、家族が寝ちゃうと
そういう灯りにしたりしてます。
あと、「電球」がsukiなの。切れた電球が捨てられない。(苦笑)
ウチには、「電球の人形」があちこちにあるし、電球には「ラクガキ」がしてある。

・・・「韓国ツアー」じゃなくて「スウェーデンツアー」か???(爆)
Posted by どーなつ at 2006年06月23日 16:19
* yumikoさん

>こんにちは、お久しぶりです。(覚えてる?)

こちらこそ。ご無沙汰でっ。。。。(汗))))

>ところで、知らなかったんですが、どーなつ様もMVつくられるんですか?
>で、パソだめになった?

そのとーり。もともと入ってた「MV作成ソフト」をバージョンアップしたら
一作作っただけで、クラッシュしました。。。(泣)

>結局、新しいパソ買いました。

あ〜〜〜。どーなつもです〜〜〜。
「yumikoさんもMVっ?」って、早速見てきちゃいました。
あーーーー。yumikoさんらしーーーー。
めっちゃ「新鮮」だったわ。だって「BH・MV」以外、見たことないもん。(爆)
でもね。どーなつも、「美日々・MV」ミンチョル作り尽くしたら、
「セナのMV」作ろうかな〜って思ってたの。
彼女もドラマティックだからね〜〜〜。。。

どーなつMV、もう公表はしてないんです。
もしも見てみたい興味がおありでしたら(笑)右「メールフォーム」から
メールくださいまし。

>こういうことは、なにも肩肘張って・・・ではなく、自然に・・・がいい。

そうね。人生すべて「肩肘張らずに」歩いていけたら、どんなにいいでしょう。(苦笑
Posted by どーなつ at 2006年06月23日 16:21
どーなつ様

え?私のMV、見てくださったの?
お恥ずかしい〜。
ということは、一番新しいやつかな?
いままで6つくらい作ったけど。
いちおうカテゴリーの「その他創作」で、創作文と一緒にでてきますが・・・。
でも、私らしいと言ってもらえて、超嬉しいです。
MVって、作る人の思い入れがすごく強くでるものだからね〜。
新鮮でした?
って、そうだよね、あんなもの作るの、美日々ファン多しといえど、私くらいなもんだわ。(苦笑)
でもま、そこが貴重ということで・・・。(どこが?)
で、セナのMV?
ぜひぜひ作って〜〜!
ソンジェとかセナのMVなんて、なかなかないから、とっても見たい!
そそ、セナもドラマティックだよね〜。
うんうんというなづくyumikoでした〜。

しか〜し、やっぱ、MV製作って、パソをかなり痛めつけるんですかね〜。
もともと調子悪かったけど、MV作り出してから・・・。
でも、MV製作ってはまるよね。
どーなつ様も、また作るんでしょ?
楽しみに、待ってますね。
Posted by yumiko at 2006年06月23日 18:00
* yumikoさん

6作もあるんですね〜。
2つ、拝見しました〜。あとでまた探りに行きますね。(笑)

>MVって、作る人の思い入れがすごく強くでるものだからね〜。

そうそう。
選ぶ「画像」や「音楽」もだけど
人に見てもらうからには「伝えたい思い」があるのよね。
どーなつは、それが強すぎるかもしれないけど。。。^^;;;

>しか〜し、やっぱ、MV製作って、パソをかなり痛めつけるんですかね〜。

そうなのかもねえええ。。。(苦笑)
Posted by どーなつ at 2006年06月23日 22:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19561657

この記事へのトラックバック


Excerpt: 夏至夏至(げし)は二十四節気の1つ。6月21日ごろ。およびこの日から小暑までの期間。黄道|太陽黄経が90度のときで、日本の大部分では梅雨のさなか。北半球では一年中で一番昼が長く夜が短い日。旧暦五月中。..
Weblog: 日本の心-四季折々の風情を感じ...
Tracked: 2007-07-28 09:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。