2007年04月09日

sukiなうた

ふと。
この歌を歌いたくなる季節。 (笑


「どんなときも」  槙原敬之


ぼくの背中は自分が 思うより正直かい
誰かに聞かなきゃ 不安になってしまうよ
旅出つぼくのために 誓ったあの夢は
古ぼけた教室の 隅に置き去りのまま

あの泥だらけのスニーカーじゃ 追い越せないのは
電車でも時間でもなく
ぼくかもしれないけど

どんなときも 
どんなときも

ぼくがぼくらしくあるために
好きなものは好きと
言える気持ち 抱きしめてたい

どんなときも
どんなときも

迷い探し続ける日々が
答えになること ぼくは知ってるから


もしも他の誰かを 知らずに傷つけても
絶対譲れない 夢がぼくにはあるよ
昔は良かったねと いつも口にしながら
生きていくのは本当に嫌だから

消えたいくらい辛い気持ち 抱えていても
鏡の前 笑ってみる
まだ平気みたいだよ

どんなときも
どんなときも

ビルの間 窮屈そうに
落ちていく夕日に 
焦る気持ち 溶かしていこう
そしていつか
誰かを愛し
その人を守れる強さを
自分の力に 変えていけるように

どんなときも 
どんなときも

ぼくがぼくらしくあるために
好きなものは好きと
言える気持ち 抱きしめてたい

どんなときも
どんなときも

迷い探し続ける日々が
答えになること ぼくは知ってるから


///////////////////////



その「答え」は
自分だけが見つけられるもので
自分だけが、ちゃんとわかっていればイイ。



//////////////////////



posted by どーなつ at 08:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どーなつ様

おひさ〜です。
(ご無沙汰していてもーしわけない!)

私もこの歌、好きです。

>その「答え」は
自分だけが見つけられるもので
自分だけが、ちゃんとわかっていればイイ。

ほんとに、そのとおりだね〜。

Posted by yumiko at 2007年04月09日 19:06
どーなつさん、おはようございます。
この歌詞とてもイイですよね、でも歌ってる彼が…生理的にアカン私。笑
今じっくり読んで痛いわ…コレっていくつまで許します?
ヒマ無しだけど春休み気分の終わりが見えないヤツとダブってね〜〜苦笑
何とかしなさい!ウガガガーーーーッて吠えたいわ!

ぴょんちゃん、元気に登校していますか?
優しいK君が作ってくれたオムライス食べないなんて…メッ!
Posted by misa at 2007年04月11日 11:04
* yumiko様

おひさで〜す。はこちらこそ〜。^^;;;

「答え」なんて
たぶん一生見つからないんだと・・・
思うよ。最近。(笑
Posted by どーなつ at 2007年04月12日 00:30
* misaさん

>でも歌ってる彼が…生理的にアカン私。笑

(爆笑)))そーですね〜〜〜。
いや・・・・彼には「歌」があって、ほんに良かったねえ〜といつもTV見て思います。

>ヒマ無しだけど春休み気分の終わりが見えないヤツとダブってね〜〜苦笑

その「ヤツ」とは・・・「ヤツ」ですか?(笑
他人には、ある意味羨ましかったり、素敵に思えたりするけど
我が子となると、複雑ですよね。

でも、やっぱり「そういう日々」も
「チカラ」になってくんだと思いますわ。
何が「正解の道」なんてないし・・・・・。

>優しいK君が作ってくれたオムライス食べないなんて…メッ!

言ってやってください!!!
まったくね〜。兄のありがたみがわかんないヤツで。。。。(苦笑
Posted by どーなつ at 2007年04月12日 00:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27490317

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。