2006年11月23日

思わず 『脱力』 しちゃう ひとこと 

夜9時。2F 寝室のベッドの中で


ぴ 「 あ。おとーしゃんだ! 」

 = 家の前に車の止まる音が聞こえたらしい ← すっげー地獄耳

ど 「 え?ホント? 」

 =ふたりで耳を澄ませる=車のドアの閉まる音=足音=玄関のドアの開く音

ぴ 「 ホラね 」



ど 「 あんたって・・・・・すごく耳がいいよね 」

ぴ 「 あたま。いい? 」

ど 「 え?あ〜・・・頭もいいけど(←お世辞)耳がすごくいいよ 」

ぴ 「 いやぁ〜〜〜〜ん (クネクネ・・) 」 ← 使用方法間違ってないか?

ど 「 なにが『 いや〜ん 』 だ 」


『 耳がいい 』ってのは、もちろん「 耳の聞こえがいい 」の意だが・・・
ぴょんはきっと勘違いしている。
『 自分の耳が美しい 』って。


ぴょんって、ホント、おめでたいヤツ。 ・_・ 



posted by どーなつ at 07:32| Comment(14) | TrackBack(0) | コドモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
可愛い!
私も子供とこんなやり取りしときたかった。

娘が保育園のころ、お迎えに行くと
「ひめ〜!」って私が呼ぶと。
「は〜い!」って娘が飛んできて、熱い抱擁を交わしていたんだ。
それを見て、保母さんが「幸せな親子」って笑ってました。
毎回やってましたので。

娘はとっても恥ずかしがりやで、口数も少ない子でしたので、受身が多かった。

いつも、びょんちゃんと、どーなつさんのやりとりがとっても楽しくて、戻りたくなるよ。
あの頃に。
Posted by マーくん at 2006年11月23日 13:09
あはははは))
びょんちゃん、いいキャラね〜
おめでたいって、悲観的なのよりも、う〜〜〜んと素敵なことだと思うな♪
笑う角には福来る!←これは違うか・・^^:
でも、びょんちゃんの笑顔が幸せを運んでくるに違いない!!
Posted by mariru at 2006年11月24日 00:45
悪いことばは、使うだけでいろんな歪みを引き起こしそう。
肯定のことばをいっぱい使っていきたいよね!
ぴょんぴょんはことばの持つ波動に敏感ではない?

>「 いやぁ〜〜〜〜ん (クネクネ・・) 」

・・・・・どこで覚えたのだろね。(笑)
楽しい話をさんきゅ〜☆
Posted by kokoro at 2006年11月24日 15:55
あ〜〜〜〜!!!

文字がでかい!!ありがとう!!
変えたの??
投稿者の名前はともかくとして、ほんとにみやすくなったじゃない。

ブログらしくなった?っていうか??

お久しぶり〜
え?もしかして、字数制限を設けた?

今回のピョンちゃんの動物的な野性的な能力!!

他のことしてても、きっとおとうしゃんが発する物音は全部聞き分けられるのよね〜

これが愛でなくてなんであろうか?
野生児ぴょん!ここにあり!!

Posted by han at 2006年11月25日 00:18
* マーくん

>「ひめ〜!」って私が呼ぶと。
「は〜い!」って娘が飛んできて、熱い抱擁を交わしていたんだ。

ほんと。「幸せな親子」ですね〜。*^^*
わたしも日ごろは、ぴょんにブツブツ言ってますが、学校から帰宅した時はふざけて三つ指突いて
「おかえり〜」と出迎えます。
なので、わたしやダンナが帰宅しても、ぴょんは玄関で正座してで迎えてくれるのよ。

いつも親ばかにお付き合いくださってありがとーございます。^^
Posted by どーなつ at 2006年11月26日 00:03
* mariruさん

>おめでたいって、悲観的なのよりも、う〜〜〜んと素敵なことだと思うな♪

うん。そう思う〜。
ぴょんと話していると、ずっこけることが多くて、力がふっ・・・と抜けるんだよね。

ま。たくさん笑うけど、たくさん怒るし、たくさん泣くんですけどね。
「感情」に素直なのは、天晴れです。^^
Posted by どーなつ at 2006年11月26日 00:03
* kokoroちゃん

>・・・・・どこで覚えたのだろね。(笑)

・・・・たぶんね・・・・・。「クレヨンしんちゃん」だと・・・・・。(苦笑
時々、女版「しんちゃん」じゃないか?と思うことがある。

>肯定のことばをいっぱい使っていきたいよね!

「否定メッセージ」ではなく「肯定メッセージ」を大人は子供に投げかける!
ついつい・・・・・・ってこともあるんだけどね。
認めてあげる。ことって大事なんだと思うわ。
↑コレは、コドモだけじゃないか。^^

>ぴょんぴょんはことばの持つ波動に敏感ではない?

言葉としての意味じゃなく。
「その言葉を発する人の気」「口調に現れる感情」とか「その場に漂う気」に敏感だよ。
Posted by どーなつ at 2006年11月26日 00:04
* hanさん

ま〜〜〜。不自由してらしたんですね?
ごめんなさい〜。
以前、フォントの色を変えたりした時に、フォントサイズもでかくしてみたんだけど
そうすると、以前の記事の文字バランスが崩れて、重なったりしたので
もとにもどしたんだよね。

今回も、過去の「派手なフォントで書かれた記事」←「美日々関連」は
配置がガタガタになってます。ま、読めるからいっかーーー。

「投稿者の名前」ねえ。・・ココも一段とちっちゃいわね〜。
字数制限はつけてないよ〜。
だから長文だと、延々と続くのかな。(笑

ホント、「野生児」だよね〜。
周囲の音やなんかに敏感でないと、やっていけないんだと思いますわ。^^
Posted by どーなつ at 2006年11月26日 00:05
ありがと。ありがと。投稿者の名前を大きくしろってのは言わないから!
不自由はしてなかったんだけど、やっぱり見やすい!!

私たち「野生」の部分、どんどんなくなってるからね。
よくしたもので、自分に足りない能力は自然に別の能力がカバーしたりして。

よく盲目の人が、聴覚と嗅覚がすごく発達するらしい。

ぴょんちゃんは父への愛だよね〜
母の時も同じように研ぎ澄ましているのかな???スルーされたりしてないよね。
Posted by han at 2006年11月26日 01:04
* hanさん

>投稿者の名前を大きくしろってのは言わないから!

ははは。どうも〜。

>よく盲目の人が、聴覚と嗅覚がすごく発達するらしい。

ですよね〜。生まれつき両手のない方(乙武さんとかレーナ・マリアさんとか典子は今の典子さんとか)は
足が手のように器用ですものね。
お料理までできちゃう。

「母はスルー」?(苦笑
う〜〜〜ん。長時間留守してると、「母への愛着」を思い出すらしいけど
普段は「喧嘩相手」なので。^^;;;
どのみち、誰に対しても「敏感」ですよ。


Posted by どーなつ at 2006年11月27日 00:25
どーなつさん、こんばんは〜!

いやぁ〜〜、やっぱりぴょんちゃんはいい!!
好きだよ、ぴょんちゃんのキャラ。
可愛いねぇ。
「いや〜〜〜ん」って言いながら、身体クネクネさせてるぴょんちゃん、
想像できちゃいますもん!!

一度、ぴょんちゃんに会ってみたいよ。
Posted by ももりゅう at 2006年11月30日 19:09
アッハッハぴょんちゃん、すごいね〜。ちゃんとお父さんの帰ってきた音、わかるんだぁ。きっと、お父さんの事、大好きなんだね。

でも、どーなつさんとぴょんちゃんの会話って、楽しい。なんか幸せ気分になっちゃう。親ばかってわるい言葉じゃないよね。どーなつさんとぴょんちゃんが、お互いにラブラブ〜♪って事だもの。

楽しい話を、ありがとね〜♪
Posted by メグK at 2006年12月02日 04:02
* ももりゅうさん

>「いや〜〜〜ん」って言いながら、身体クネクネさせてるぴょんちゃん

ヘンだよ。動きが。(笑
なんかね。全てが大袈裟なんだな。

30歳になっても「いや〜〜ん」とか言ってそうで、ちょっと怖いんだけど。。。(苦笑

>ぴょんちゃんに会ってみたいよ

会ったら、「ハグされて」「Kissされて」襲われるよ。
オンナが大sukiだから〜。(笑))))
Posted by どーなつ at 2006年12月05日 01:19
* メグKさん

そうなの。お父さんが「甘い」から。大sukiなのよ。
ダンナが会社に行ってる時に、家でわたしに叱られたりすると
天を仰いで「おどうじゃ〜〜〜〜ん!」って泣いて叫んでいるわ。

わたしとぴょんは「喧嘩相手」で「漫才コンビ」のようです。
Posted by どーなつ at 2006年12月05日 01:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。