2007年01月30日

ホレた弱み(苦笑)で
「映画公開」と聞くと

その「観客動員数」だとか
ファン以外の一般人の反応だとか
映画そのものの出来だとか

いろいろ気になって
心がザワザワする。。。

これじゃ、まるで「息子・・・いや弟(?)の発表会」だ。^^;


応援してるんだから
「気になるのは当たり前」

人に褒められれば嬉しいし
興行的にもヒットすれば、ホッとする。
「イ・ビョンホンの新作は素晴らしい!!!」と
どの局も、どの雑誌も絶賛!なんていったら
「やったねーーー。びょんほん〜〜〜!」
その場でくるくる踊っちゃうだろうな。(笑

そういう「気持ち」を共有できるのが
「同じ道を行く」ファン心理というものなのだろう。

でも、イ・ビョンホンって人はいつも言っている。

「興行的に成功するかしないか」よりも
「役者として大事にしたいコトがある」

//////////////////////////////


わたしにとって
「映画」とか「音楽」とか「絵画」とか「書物」っていうのは
「わたし」という人間の
どこかしらを「揺さぶる」モノ

その「揺れ幅」が大きいほど
自分のこれからに「影響大」なわけだけど

どこがどんな風に揺さぶられるか。は
触れてみないとわからないしねえ。
どんな揺さぶられ方をするのかも
人それぞれなハズなんだよねえ。

触れてすぐに
「あーーーーーっ。ソコなんだよーーーっ!」って
気付くバアイもあれば
ずーーーっと後になって
ジワジワと染みてくるバアイもあって。

どうもビョンホン作品は
後者が多い気がしますが。(笑

彼が「役者として」大事にしたいもの。
が見えるかな。

彼がひとりの役者として
「この作品を選び」

たぶん、今回も、いつものように
「今持っている自分の力のすべて」を注いで挑んだだろう
この「夏物語」

「無」なキモチで観てきます(←できる限り^^)。あした。


posted by どーなつ at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どーなつさん、こんばんは〜!

観て来た〜?
どうだった〜?
1回で全部分かった〜?

そう、「夏物語」はまさにジワジワと心に染みて来る映画です。
そんな風に感じられたかな?
Posted by ももりゅう at 2007年01月31日 19:33
* ももりゅうさん

観てきましたよ〜。
2回続けて。(笑

許容範囲を超えたらしく、異様に疲れたので、もう寝ます。^^
感想はまた後日書きますね〜。
Posted by どーなつ at 2007年02月01日 00:08
>いろいろ気になって 心がザワザワする。。。
 これじゃ、まるで「息子…いや弟(?)の発表会」
アハハ、言えてます。(息子の1月は行けませんでした)
私も上映初日に行ってきました。
だって、だって、会いたかったんだも〜ん。爆
Posted by misa at 2007年02月01日 11:03
* misaさん

>アハハ、言えてます

(笑)misaさんは、日ごろから鍛えられて(?)ますよね。
え?こういうのは慣れない?

>だって、だって、会いたかったんだも〜ん。爆

うふふ。misaさん、かわいいんだから!!!
Posted by どーなつ at 2007年02月02日 19:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32425825

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。