2007年03月22日

世界ダウン症の日 3・21

すっかり忘れてた。

3月21日は
「世界ダウン症の日」なんだそうです。
↑ つい最近知った。^^

今日、協会の会報が届いて
思い出したよ。

ひとりでも多くの方々に
『ダウン症』に意識を向けていただくため
PRしましょう。って言われてたんだった。。。




「ダウン症者は”21”番の染色体が”3”本ある」」
ということで
2004年に世界ダウン症連合(DSI)により
3月21日が「世界ダウン症の日」に制定されました。

ということで
関心のある方はコチラへジャンプ。 ↓

「世界ダウン症の日」PRページ
http://www16.ocn.ne.jp/~jds2004/sekai/

http://www16.ocn.ne.jp/~jds2004/ (財)日本ダウン症協会
http://jdsn.ac.affrc.go.jp/dowj1.html 日本ダウン症ネットワーク


各地では、いろいろイベントがあったらしい。。。^^;


posted by どーなつ at 20:27| Comment(10) | TrackBack(0) | ダウン症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんな日があったんだね。
驚きです。

とても読み流せないので、ぼちぼちホームページに行って、読ませてもらいます。
Posted by マーくん at 2007年03月22日 21:19
どーなつさん、皆さん、こんばんは。

ダウン症は、染色体異常が原因と、聞いたことがあります。神様のいたずらで、染色体が一本多いのね。

>人間は一人ひとり、違いをもっています。ダウン症は、そんな違い(体質とか個性)の一つと考えたほうがいいと思います

ぴょんちゃんの話をいろいろ聞いてるから、↑の言葉、わかりますよ〜。

でも、いろんな事で、身近な人たちだけじゃなく、いろいろな人たちの話を聞きたいと思った時、ネットを通して、こうして世界や日本中にネットワークが結ばれているのは、心強い事よね。

ネット社会って、良いとこも悪いとこもあると思うけど、ネットを通して視野が広がるし、いろいろなヒントも見つけられるし、使い方によっては、とっても役に立つわよね。

ネットのある生活と無い生活では、きっといろんな意味で格差が広がって行くと思うの。私にとっても、これからますます必要になってくるんじゃないかな。

ビョンビョンの存在が無かったら、きっと私にとって、ネットは遠い世界だったと思う。機械オンチだし・・・。ネットの世界が身近になったのは、やっぱりビョンビョンのおかげ。 ←結局、最後はビョンビョン(爆)

Posted by メグK at 2007年03月23日 22:57
どーなつさん、こんばんは。
>「ダウン症者は”21”番の染色体が”3”本ある」ということで
 3月21日が「世界ダウン症の日」に制定されました
今朝、息子とこの話をしました。
「なるほどな〜」と妙に納得し、
「ある日むこうで気になったんだ、全然会わなくてさ…
地域的なのか時間差なのか…不思議に感じたことがある。
車椅子の人は多かったよ、坂の街なのに」
だったそうです。

ぴょんちゃんは新学期から新しいクラスになるんですね。
親子で最初はドキドキかな?
戸惑いもあるかもしれませんが
どーなつさん、そっと見守ってあげてください。
頑張れ〜!ぴょんちゃん!!
Posted by misa at 2007年03月23日 23:53
どーなつさん、こんばんは。
「ダウン症」については、言いたいこと、思っていることいっぱいありすぎて、かえってこんなに言葉少なになったのかしら。
あらためて「ダウン症」カテ読んできました。

日頃ぴょんちゃんの、可愛いくあったかでいたずらな日常のヒトコマを教えてもらっているおかげで、私にもとっても身近なことに感じられるようになりましたよ。
どーなつさん、功績大です〜。
私はたくさんのsukiファンのひとりだけど、同じように感じている方がきっとたくさんいらっしゃると思うから。

咳の具合はどうですか? 喉を痛めてのお仕事、つらかったでしょ。
やっぱり無理はいけませんよね。
どーなつさん、自分の体も大事にしてね。
Posted by ぶどう at 2007年03月24日 21:31
* マーくん

「ダウン症」に限らずだけど
昔と違って
ハンディのある子供たちを、社会に出していうこう!って流れがありますからね。
親も子も生きやすい時代になりましたよね。
将来のことなどは、まだいろいろ問題はありますけど
でも、知っててくださる方が、たくさんいてくれるのは
心強いことです。
Posted by どーなつ at 2007年03月24日 23:02
* メグKさん

>神様のいたずらで、染色体が一本多いのね。

そうなんです。
わたし自分の過去の病気とかが原因なんじゃないか。とか思ったりしたんですけど
「誰にでも起こり得ることなんだよ」って言われて、ホッとしたんですよね。

>こうして世界や日本中にネットワークが結ばれているのは、心強い事よね。

そうそう。
「ビョンホン中毒」患者(笑)を、ネットで探し回ったのと同じで
ネットのおかげで、家にいながらにして
たくさんの同じ子供を持つ、ご家族と知り合ったり
情報交換できるんですからね〜。凄いことです。
どんなコトでも「前向き」に活用できたら、いいですよね。

>ネットの世界が身近になったのは、やっぱりビョンビョンのおかげ。

わたしも〜。
ネットといっても、限られた世界にいたのが
こうして魅惑的な(笑)「違う世界」も知ることが出来ました。
いろんな意味で、ビョンホンさんには足を向けて寝られないよ〜。
Posted by どーなつ at 2007年03月24日 23:07
* misaさん

「3・21」
わたしも最初聞いた時は、な〜るほど〜〜〜と思いました。
日本じゃ春分の日だけどね〜。
「自然をたたえ、生物をいつくしむ」趣旨の祝日ってことで
なんだか喜ばしい気もします。^^

ぴょんが生まれたばかりのころ
アメリカに住んでいたことのある先輩ママさんが
むこうでは、ダウン症の子を連れて歩いていると
「オー!この子はエンジェルベビーだね!!!」とか言って、
ハグハグしてくれたりするんだって聞いたの。
日本だと、気付いても気付かないフリするし
親もそんな風に大声で言われたくないかもしれないけど
そういうオープンなカンジが
なんだか羨ましいな〜って思ったのよね。
まあ、アメリカだって、いいところばかりじゃないだろうけど。

>ぴょんちゃんは新学期から新しいクラスになるんですね。

5年生から、障害児学級にしたので
環境も一変して、また新たな緊張です。^^
ぴょんは、どうなのかな。
最初はいいかっこしいで、ネコかぶるかもしれませんね。(笑
Posted by どーなつ at 2007年03月24日 23:08
* ぶどうさん

あ。言葉少な・・・?
そうね。わたしにしてはね〜。(笑
わたしがイロイロ言うよりも、公式なHPを見ていただいた方がいいのかと。

>私にもとっても身近なことに感じられるようになりましたよ

ありがとうございます。
街でダウン症の子(人)を見かけたときに
ぴょんを思い出してもらえたら、少しは身近に感じてもらえるかな。
たぶん、大きいお子さんのお母さんは逞しくなってるけど(爆
赤ちゃんのお母さんは、とっても「小さくなってる」と思うから。

>咳の具合はどうですか?

ありがとうございます。
ダンナが、「薬局でコレが一番咳に効くって言ってた」って
薬を買ってきてくれて(病院へ行けよ?)
それ飲んでたからか、随分楽になってきました。
調子が悪いと、家族も労わってくれて、気分が良いね。(笑)))
Posted by どーなつ at 2007年03月24日 23:08
おはようございます。

あの〜。
少し前に、この記事にコメント書いたんですが…。
もしかして、消えちゃっていますか?

ま、まさか…
不適切な発言により、削除!?
(いえ、それならそれでいいんです…)

最近、ぼけ〜っとしているので、自分ではきちんと書き込んだつもりが…。

同じことを繰り返すのもなんですので…
少しだけ…。

どっかの知事さんが『(障害者は)弱い悪い遺伝子を持った人』と言った。
その人に清き一票を入れた私としては、めちゃくちゃ恥ずかしい。
弱くもないし、悪くもない。
むしろ教えられること、いっぱい。

私たちに今必要なのは、きちんと理解して認め合うこと。
これって、どんな人間関係にも必要ですよね。

どーなつ様のところに来ると、
そんな忘れかけていたことを
思い出させていただけます。

ありがとう。


Posted by どらどら at 2007年04月11日 09:04
* どらどら様

>ま、まさか…
不適切な発言により、削除!?

ま・・・まさかっ!!!(汗)))))

ココのサーバは、時に「入れたはずがどこかに消え」
「消えたはずが、やっぱり入ってた」
なんてことがよくあるんです。
本当にごめんなさい〜〜〜!!!><

「弱い悪い遺伝子」・・・・・・

でもね。わたしは、ぴょんが生まれた時
思いっきりそう思ってしまったんですよ。

すごく恥ずかしかったし、本当に「なかったこと」にしたかった。
そんな風に自分が考えるってことにもショックでした。
そういうわたしに、活!を入れるために、ウチのコドモたちは
ウチに来たんだと思いますわ。^^

大人だっていろんな人がいるし
コドモもいろんなコドモがいて
いろんな基準で「優劣」をつけるけど
時と場合によっては、そういうことも必要なのはわかるけど
そうではない場所で、自分のコドモや、まわりの人を見ていたいと
思います。

このサーバの仕打ち(苦笑)に懲りず
またお話聞かせてくださいね。
Posted by どーなつ at 2007年04月12日 00:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36598208

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。