2007年04月04日

薄焼きたまご

ごめんなさい。
レス落としてました。(大汗

h○nさん、レスしたので見てね〜。
↑ まるわかり。



///////////////////////


春休み。ってことで・・・
なるべく仕事は入れないようにしてるんですが
どうしても行かなくてはならないモノもあり

Kにぴょんのことを頼んで出かけるんですが・・・


まあ、彼も今度中2ってことで
随分頼りがいのあるヤツになりました。

ってか、
昔から
ぴょんの扱いにかけては
「我が家一」なんですがね。(笑
↑ そうさせたのは誰だよっ!?って言われそうですが

最近でこそ
ぴょんのあまりの「傍若無人」さに
真剣に怒ったりしてますが
ちょっと前までは
全然怒らない人だったんですよね。

別名「仏の顔がいくつもあるK」(笑

「ぴょんの為と思って、お願いだから怒って」と
何度も頼んだほど。

で。
昨日もKとぴょんとでお留守番。

   「帰るの、お昼過ぎちゃうから、シーチキンライス
   (Kが肉がダメなので『チキン』の変わりに『シーチキン』)
   作ってあるの、あっためて食べてね〜」と
   母、出かける。

昼に電話を入れると
電話の向こうで

   「あ”−−−−−−っ!!!
   ぴょんーーーーーーっ!だーーーーーっ!!!
   ぎーーーーーーっ!!!!!」

意味不明の絶叫。

   「おーーーーい!
   どーーーしたのーーーーーっ!???」

   「ぴょんがーーーっ!
   あーーーーーーっ!!!」

   「・・・・・・とりこんでいるようなので
   切るね。(←切るのか?)またあとで・・・・」

だって、家から一時間の距離。
わたし、どーしようもないし。

少ししてかけ直したところ

ぴょんが、
「シーチキンライスに卵を巻いて
『オムライス』にしろ」と言ったらしく。
(正確には『言った』のではなくて
『意思表示をした』のだけど)

Kは生まれてこの方
一度も作ったことのない
「薄焼き卵」を作らされたのこと。 @@

   「できたの?」
   「うん。一応・・・」

帰宅すると
テーブルの皿の上に
ケチャップをまぶした卵の塊が・・・。

   「・・・コレ。なに?」

   「・・・・・せっかく作ったのに。
   ぴょん、いらんって。」とK。

あーーー。
お気の毒。。。

確かに「一応薄焼き卵」にはなっていたみたいだけど
すこーし、焼きすぎて
端っこが茶色になってたのね。
それがぴょんには許せなかったらしい。

ぴょんもなあ・・・
「焦げてる」ワケではないんだから
食べてやれよな〜。。。

   「いらない!」(キッパリ)← 頑固。我がまま。 ・_・

その後『残骸』としか思えない
ぐちゃぐちゃになった「卵」を

「もったいないから・・・」と言って
食べていたKでした。(哀   ← 普段、普通の卵巻きしか食べないのにさ。

しかしK。薄焼き卵も作れるんだ。しめしめ。(母)




posted by どーなつ at 10:10| Comment(6) | TrackBack(0) | コドモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どーなつさん、こんばんは〜!

昨夜はどうもありがとうね。
で、今日の記事・・・面白かった〜!
面白かったなんて言っちゃいけないのだけど、何だか可笑しくて。
Kくんてば、本当にいいお兄ちゃんなんだね〜。
人間が出来ているっていうか何ていうか。
私もこういうKくんみたいなお兄ちゃんが欲しかったよ。
卵と悪戦苦闘しているKくんが目に浮かぶ。
そしてぴょんちゃんに拒否されたその卵を黙々と食べているKくんも目に浮かぶ。
でもどーなつさん、
>しかしK。薄焼き卵も作れるんだ。しめしめ。
って、これはちょっと可哀想(笑)
しめしめ・・・何を企んでるの?(笑)
Posted by ももりゅう at 2007年04月04日 18:21
* ももりゅうさん

楽しいお誕生日を過ごせたかしら。

Kは、外では決してデキのいい子ではないのですが
「ぴょんの兄」としては、100点以上なの。

わたしは一人っ子で、兄弟の良い悪いは実感できないんだけど
わたしもこんな兄ちゃんがいたら嬉しい。(笑

「しめしめ」?
ご飯作って食べさせてくれないかな〜・・・って。。。
ダメ?(苦笑
Posted by どーなつ at 2007年04月04日 23:34
どーなつさん、こんばんは!

そっか〜 いったん切るのね。そりゃそうですよね。

私、映画が始まる直前に家に電話したらひと騒動起きていて、
すぐに帰れる場所でもなく、結局なだめきる前に時間切れで切ったはいいけど、
映画見ながら動悸が激しくなって座っていられなくなりそうになったことがありました。
安定剤かみ砕いてなんとか自分を落ち着かせて映画に集中し、
終わって大急ぎで帰ったら案外だいじょぶでした^^

どーなつさん、なんでもさりげなく言っているけど、いろんな修羅場を乗り越えてきたのでしょうね。
私は年だけ取って、ほんとに未熟ですわん。
ヘンなところに反応してごめんなさいね〜。

それにしてもKくん、なんて優しいのだろう。
ふとまたコドモのカテゴリ読みたくなって、階段を一緒に下りてくれたKくんの記事読んできました。
ぴょんちゃん、今日から新しい環境かしら。
また良いお友達と会えるといいですねえ。
Posted by ぶどう at 2007年04月05日 22:38
こんばんは〜
レス、ありがとう〜
いいのよ。見落としても!
ブログにコメントする私は勝手に?コメントしてるんだから!

ぴょんちゃんにとっては「完全に気が抜ける(魂開放!)相手」がK君なのよね。
作ったことの無い薄焼き卵に挑戦するなんて
すごいよね。
K君、大人になって奥さんにもこうやって
優しさ発揮するんだろうね〜
我が家もまったく同じ環境で
娘は弟がかわいくてかわいくて
かなり面倒見させたけど
いろんなわがままの相手してきたと思う。
娘ったら高校時代、友達に
「ボサツ」って呼ばれてたのよ…

ぴょんちゃんはK君を頼り
頼られるKくんもぴょんちゃんのためなら
いろんなことやってあげる。
K君、いやいやながらじゃないんだよね。

ほんと、二ノ宮君似のK君にはますます
興味津々だわ。

ぴょんちゃんはほぼK君に育てられてるようなものよね?
優しいのと甘やかしと、親はついついしつけを考えてしまって、娘にも「弟を甘やかさないで」
って言った覚えあるけど、兄弟にかわいがられてるのって親の甘やかしよりももっとほっといて
いいような気もするわ…
息子は生意気になった今でも、姉に小さい頃世話になったことをちゃんと覚えてるからね…
(あまり口に出して、感謝してるってことは表さないけどね…)
Posted by han at 2007年04月07日 00:43
* ぶどうさん

>そっか〜 いったん切るのね。そりゃそうですよね

(笑)))
電話の向こうでギャーギャー言ってて
状況を説明できそうな感じじゃなかったのでね〜

でも、危険な様子だったら
心臓バクバクになっちゃうね。
冬は、ヒーターとかあるから、本当は怖いんだ〜。

Kには何気に
「頼む」って言ってしまってるけど
そろそろ思春期だし、あんまり頼りすぎちゃいけないって思うんだけどね・・・。
つい。。。

階段を一緒に下りてくれた子も、「K」くんだったわね〜。
ホントにいつも、助けてくれて
幼稚園でもいつもとなりに座ってたわ。
今も優しい子だろうな〜。
Posted by どーなつ at 2007年04月07日 00:46
* hanさん

あら〜、一緒に書いてたのね。^^

こういうのが「きょうだい」なんだよね〜。
わたしには兄弟がいないので、いつも面白いな〜って見てます。

>K君、大人になって奥さんにもこうやって
優しさ発揮するんだろうね〜

思いっきり、奥さんの知りに敷かれるんでしょうな。。。(^^;;;


>ぴょんちゃんはほぼK君に育てられてるようなものよね?

そうそう。
自分でも言ってるのよ。
「俺がぴょんを育てたんだ」って。
3年しか違わんだろーって思うけど、
たぶんわたしよりも、ぴょんの手を引いて歩いてると思う〜。(笑

>兄弟にかわいがられてるのって親の甘やかしよりももっとほっといて
いいような気もするわ…

そうか!

>息子は生意気になった今でも、姉に小さい頃世話になったことをちゃんと覚えてるからね…

そうなんだ!!!

恩きせるみたいじゃなくて、やっぱり体全部で感じてるんでしょうね。
ぴょんも一番sukiなのは「にーちゃん」だって言うもの。
Posted by どーなつ at 2007年04月07日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。